誰も教えてくれなかった、未経験の貴方でもなれる!産業保健師への就活ノウハウその2(面接編)

こんにちは、はなです🌸(@hanalife2

私はこの春、めでたく産業保健師として、就職することができました。産業保健師への就職活動はとても狭き門であり、私自身もものすごく苦労しました。

 

情報があまり無い中、何が正解なのか、どうしたら受かるのかわからず、Twitterの中で産業保健師歴が長い方にアドバイスをいただいたりしました。(相談に乗ってくださったみなさま、本当にありがとうございます🙇‍♀️🙇‍♀️🙇‍♀️)

 

「で、結局どうやったら受かるんやああぁぁあ!!!」

となっていました。私自身もこんなに悩んだのだから、同じように思い悩む方はきっとたくさんいるはず。そんなあなたのために、この記事を書いています。

 

⬇︎産業保健師への就活をこれからはじめる方は、まずこちらを読んでね⬇️

誰も教えてくれなかった、未経験の貴方でもなれる!産業保健師への就活ノウハウその1(準備編)

 

それでは、就職活動ノウハウ記事その2(面接編)いきますよ〜!!!

 

書類審査、適性検査を通ったあなた、おめでとうございます👏👏👏しかし、これからが本当の戦いと言っても過言ではないものがあります………そう、面接です。

f:id:hanalife2:20190404082126j:image

(面接が嫌で歪んでいる顔)

実は私も数えたら今回の就職活動期間で面接10回やってました(一次、二次含め)。そりゃ、嫌にもなるわ………😂

 

でも確実に回数を重ねて、面接への手応えは良くなっていきました。実際に内定を頂いたのも、最後から数えて2社目の企業でした。

 

今となっては何事も無駄じゃないなあ、なんて綺麗事を思ったりしています。当時は病みまくってたけどね.........😇笑

そんな私が面接のコツを一挙公開しちゃいます( ^∀^)💙

 

※あくまでも個人の例なので、例外もたくさんあると思います。時期と運は味方につけて、参考にしていただければと思います☺︎

 

 

面接の日程はどうやって決まる?

産業保健師は一般の企業相手の面接になるので、面接は必ず平日に行われます。(当たり前)

午前中の早めの時間か、午後17時以降に行われることが多い印象でした。(企業のスケジュールを出来るだけ邪魔しない日程で作られているためと思います。)

 

人材派遣会社を利用している方は、派遣会社を通して日程を調整する形になります。このとき、平日日中で複数の候補日を出せる状態が望ましいです。

 

そのため、病棟でしっかり働いている看護師さんや、平日日中の固定シフトで働いている看護師さんにとっては、なかなか日程を組むのが難しいかもしれません。

 

私は就職活動をゴリゴリやると決めた最後の一ヶ月間、ありがたいことに有休をしっかり使わせてもらって、平日はほぼ毎日面接に勤しんでいました。(良心的な前職場に感謝感激です...🙏)

 

面接にはどんな服装をしていけばいいの?

普通のリクルートスーツで問題ないです!

私は看護師になってから仕事がキツくて12kg激ヤセして😟、学生時代に親に買ってもらったスーツがお腹から落下しました(笑)

 

なので某ユニ○ロでスーツもどきの上下セットを買いました🤗上下1万円しなかったような...?!

f:id:hanalife2:20190407142907j:image

(ブラックスーツ似合わないんですよね笑)

こういう時に、全身Mサイズ体型は得ですね(笑)

 

ちなみに、鞄は焦ってAmazonで買いました。

(私が実際に使用していた鞄がこちら)

 

靴は昔、親に買ってもらった安い就活用のものを使っていましたが、途中で歩きすぎて壊しました( ^∀^)

長期戦になる場合は、2つ以上用意する必要があるかもしれません……!!


マルイのラクチンきれいパンプス 

ここのパンプスは、本当に超おすすめです。足が全く痛くなりません!!!

日常でも私はここのパンプスを愛用しております(笑)

 

 

さあ、いざ面接!

さあ、いざ面接!産業保健師の面接は、病院やクリニックのようにトントン拍子では決まりません。(これまじで頭にいれておいた方が良い、私は完全に甘く見ていた😱笑)

 

看護師は就職活動で圧倒的な成功体験を持っています。世の就活生がどれほど苦労してきたのか...アラサーにして私は思い知ることになりました......

 

それでは、気を取り直して具体的な面接の流れをみていきましょう!!

面接でだいたい聞かれること3選!

①自己紹介

簡潔な自己紹介がまずは求められることが多いです。私は経歴含めて話させていただきました。

  • 出身地、年齢、経験年数
  • これまでの病棟やクリニックでの経験内容
  • 志望理由

このあたりを聞かれることが多いですね。わかりやすく簡潔にするのが何よりもコツです!

 

②志望動機

自己紹介の中でも話しますが、より深く詳しく話していくことになります。その企業への志望に至った理由を明確にすることが大事です。

産業保健は企業に所属して、従業員の方の健康管理を行うため、『企業理解』が大切になります。

企業理解ってなんやねん😇、となるわけですね。笑

 

👇企業理解とは👇

  • 企業理念(企業のホームページをチェック!)
  • 従業員数、事業所数
  • 年齢層、男女比
  • 産業保健師産業医の雇用数(つまり、産業保健を運営するスタッフの数)
  • 企業が抱えている健康課題(健康経営を頑張っている企業さんでは、しっかり明記してあることも多い)

などなど。これを見てもなかなかピンと来ないかもしれませんが………

 

産業保健師は、その企業にどんな人がいて、どんな健康課題を抱えているのかを考え、その対処をしていくのが仕事です。社員さんの仕事内容、生活を具体的にイメージできることが大切になってきます。

 

③産業保健師を目指した理由

これはどの企業でも必ず聞かれたと思います。

②の志望動機と異なるところは、これまでの経験を活かして(新卒なら実習中などでも)、どうして予防の分野に関わりたいと思うようになったのか?というところを、具体的な原体験を含めてアピールすると良いと思います。

 

例えば私であれば『産婦人科・乳腺外科の病棟で、バリバリ仕事をしていた乳がんや子宮頸がんで自分とほぼ同世代の患者さんが亡くなっていくところに関わり、

もっと働いている時から健康意識を高めて、女性が健康で働き続けられることのサポートがしたいと思うようになった』ということを伝えたりしました。

 

 

ちなみに、私は期間も短かったので当たって砕けろ精神でしたが(笑)、面接の練習の場所があるのであれば利用したが良いと思います。

(例:所属していた学校の教員相手や、一般の就職活動生が使うツールなど)

 

 

産業保健は狭き門です。私も情報があまり無い中、何が正解なのか、どうしたら受かるのかわからず、Twitterの中で産業保健師歴が長い方にアドバイスをいただいたりしました。(相談に乗ってくださったみなさま、本当にありがとうございます🙇‍♀️🙇‍♀️🙇‍♀️)

内定が出た時は、嬉しくて嬉しくて叫びました( ^∀^)

 なんと5万インプレッション超え。いつも応援してくださっているみなさま、ありがとうございます🙇‍♀️

 

まだまだ知られていない分野、産業保健、予防医学の分野。

私もまだまだ勉強不足なので、これからもどんどんインプットアウトプットしていきます!!!

 

普段はTwitterでよくつぶやいているので、こちらもどうぞよろしくお願いします。

twitter.com

それでは、またお会いしましょう〜🌸

 

 

誰も教えてくれなかった、未経験の貴方でもなれる!産業保健師への就活ノウハウその1(準備編)

こんにちは、はなです。(@hanalife2

私は2019年の春、産業保健師を目指して転職活動をし、無事に成功することができました!!(わーい!!!パチパチ👏👏)

しかし、この転職活動は、すごく大変😇もう就活辞めたい😇という日々との戦いでした。

もしもどこかの看護師さんが、未経験から産業保健師になりたい!って思った時に役立つ情報を少しでもお届けできたら、と思います!

長編になりそうなので、まずは準備編(面接に至るまで)の部分をお届けします。

 

それでは、レッツラゴー!(おそらく平成の死語😇)

f:id:hanalife2:20190404000959j:image

(内定祝いに写真を撮ってもらい浮かれている人)

 

 

産業保健師就活の流れ

産業保健は、一般企業に就職する流れになりますので、一般的な看護師の就職活動とはほぼ別物と考えた方が良いです(^ω^)

 

👇産業保健に向けての就職活動の流れ👇

  • 派遣会社への登録 (割愛しても可能ですが、未経験では結構難しい)

  • 履歴書、職務経歴書の作成
  • 書類審査、適性検査
  • 面接(企業によって面接回数の差があり)

 

………ん?看護師の就活と変わらなくない? そう思った貴方、舐めてますぞ😇笑

それではここから、濃厚にノウハウ説明していきます〜!!!

 

STEP1、人材派遣会社への登録

「ああ、転職サイトか………あの、電話がものすごい勢いでくるやつでしょ」

そう思う看護師さんも少なくないと思います。あの電話のシステムは本当に、、、、😂(電話が苦手な私としては苦痛でしかなかった)

 

私は産業保健での就職では、派遣会社への登録がほぼ必須だと思います。なぜなら産業保健の求人数はそもそも少なく、競争率がとても高いからです。

(私が聞いたところですと、1回の面接時の倍率は約5〜10倍くらいだと思います。きっと書類審査上ではもっと倍率が上がるのだと予測できます。)

 

よほど企業の求人情報を探すのが上手な人なら必要ないかもしれませんが、(例えば一般企業への就職活動経験があるとか)

看護師はそもそも仕事が忙しいので、自分でそもそもレアな求人を見つけ出し、さらに直接応募することはほぼ不可能に等しいと考えていいと思います……😰

 

企業への転職は各転職会社によって、抱えている案件数も大きく変わってくるそうです。🤔(紹介実績などにもよるみたいです)私は4つほど登録しましたが、複数登録するのがお勧めと思います。(どれがどこの会社からの紹介か、分からなくなるレベルでしたね😇笑)

 

求人の公開時期としては、4月入社を狙うと前年度の10月以降くらいがお勧めです。年明けから徐々に求人が増え、2月後半〜3月頭がピークかな?と思います🤔✨

 

STEP2、履歴書、職務経歴書の作成

看護師さんの中には、「手書きの履歴書しか書いたことない(^O^)」という人も多いのではないかと思います。実際私も、今回の転職活動を始めるまではそうでした。

 

しかし………これは一般企業ではご法度なんですよね(^ω^)笑

知らなかったぜ、そんなこと(^ω^)

 

企業によってテンプレートが決まっているところもあれば、決まっていないところもありますが、ひとつ作って置くと志望動機以外の部分は基本的に使い回せるので、便利!!!笑(上記で説明した人材派遣会社がテンプレートをくださることが多いです。)

 

ここで、大事なポイント!!!

  • 誤字脱字
  • 数字の全角半角が揃っていない
  • 経歴の年数に間違いがある
  • てにをはがきちんとしていない

というようなことがあると、上位選考に至った時に落とされる比較対象になってしまうことがあるそうです。

そのようなことで可能性を無下にしないために、書類はきちんと書きましょう!(転職エージェントさんも見てくれはしますが、見逃されることもあるようです………)

 

STEP3、書類審査、適正検査

・書類審査

さあいよいよ企業へ書類提出!というところまで行きました。人材派遣会社を通して企業へ就職する場合は、紹介会社からの「推薦状」を添付されて応募されるようです。

※自分で直接応募する場合は添付されないので、大きな企業によっては有利だったりします。

 

また企業へ書類を直接応募する場合には、

  • 履歴書、職務経歴書に鍵をつけること
  • パスワードを別のメールで添付し、すぐ次に送ること

これらを行うと企業側は『この人はちゃんとビジネスマナーが分かっている』と思われるそうです。(履歴書職務経歴書は、濃厚な個人情報ですからね...🤫)

 

・適性検査(SPI)

SPIってなんぞや?って思う人もいるかもしれませんが、ある程度の規模の企業であれば行っていることが多いようです。

SPIとは、Synthetic Personality Inventory「総合的個人特性調査表」の略称で、個人の能力や性格の適正を総合的に評価することを目的にした適性検査のことです。多くの企業の採用試験として取り上げられています。

 (成美堂出版 「最新最強のSPIクリア問題集」より引用)

 

SPI検査には、能力検査性格検査があります。能力検査は言語能力検査(国語)と非言語能力検査(算数・数学、その他図解など)があります。

 

ここにきて、数年ぶりの国語と数学の勉強!!!ここは踏ん張りどころでした。私は数学アレルギーが発症して大変でした😇😇😇w

 

分数キライ...確率キライ...なのになぜ私は理系なのか.......w(一応国立大学医学部卒)

 

数学の問題は、きちんと高校数学を乗り越えた人であれば、問題集を一周くらいすれば思い出せる内容かな?と思います。(私は数学がめちゃくそ苦手だったので苦労しましたけども笑)

 

国語の問題は、もはや語彙力になりますので、普段からどれだけ読書しているかなどが差として出そうだな、と個人的には思いました📚

 

学力検査の後には性格検査があって、自分の適正が問われていく形になります。積極性や創造性など性格を問う質問が、質問の方法を変えて繰り返し聞かれます。

印象としてはこちらの方が採用時に重視されるのかな?と思うところでした🤔✨(企業の方向性に合う人材かどうか、見定められています)

こちらが、私が実際に買ったSPI問題集になります!!

数学アレルギーがある私でもわかりやすく、とっつきやすい問題集でした。

また実際の試験では電卓を使用できるところも多いので(Webテストとか)、 そんなに計算能力自体が高くなくても大丈夫ですよ🌟

 

わーここまで、めちゃ真面目な記事を書きました!笑長々と読んでくれた方、ありがとうございました。

面接編はまた続編として書こうと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。

普段はTwitterによくいますので、こちらでもよろしくお願いいたします。

twitter.com

それでは、またお会いしましょう〜😆

新年度、会社員生活、頑張るぞーっ!!!!!

 

つらいときにつらいと言えることは、最大のストレスコーピング

こんにちは、はなです。

私は今転職活動中ですが、これがまた、つらい。とてもとても、つらい。

何故なら、私は今まで大きな挫折をしてきたことがほぼなかったからです。

勉強はできた方だったし、要領も悪くない方でした。努力でカバーできる部分はほぼ、努力でカバーしてきました。

 

しかし就職活動となるとそうはいかないのです。完全に企業と自分とのマッチング、さらにタイミングの話になってきます。ましてや産業保健は狭き門で、未経験そのものを採用してくれるところも少なく、そこで保健指導経験者との戦いが起こるのです。

 

あれ、無理かも知れない。

 

ほぼ人生で初めて、そう思いました。

年明けからうっすらと始めた転職活動ですが、大きな別れもありなかなか本腰が入らず。本格的に始動したのは2月後半に入ってからでした。

 

書類は通って面接までは行く。和気藹々とした雰囲気で終わる。でも落とされる。次々と来る、『お祈り』メール。

 

なんでだ。なんでなんだ??

 

今までほぼ試験に落ちたことない私は、こんなに落とされるのは初めてでした。

 

最初は親にも話さないつもりで、受かったら報告するつもりでいましたが、2月終わり頃についに爆発しました。泣きながら親に話して、『家族の誰も、あんたがクリニックで一生を終えるとは思ってない』と言われて、ああ親は全部お見通しなんだと思ったりもしました。

 

最近、アダルトチルドレンという言葉について知った私。私はまさに『ヒーロータイプ』でした。俗に言う『いい子ちゃんタイプ』です。

 

親に褒められるために、勉強して、

親に褒められる選択を、選んできた。

 

親の人生ではなく、自分の人生を生きているはずなのに。

 

私は現在コーチングを受けて、少しずつ親や祖父に対するブロックを外している最中ですが、今回はかなり勇気を振り絞って話しました。

『(転職すると)言ったら怒られると思ったから』と泣きながら話す私に、母はなにも言わずに聞いてくれました。

それからは毎日、今日のラッキーカラーを教えてくれるようになりました(心配性🤣)。

少しずつ、いい子ちゃんを脱せるようになってきたのです。これは大きな変化でした。親に対して『つらい』と言えることで、とてもとても気が楽になったのです。

 

有名な歌詞の冒頭に、『つらいときにつらいと言えたらいいのにな』とありますが、

 

つらいときに、つらいと言える というのは、最大のストレスコーピングだと思います。

 

人に言えないほどつらかったら、病気になってしまいます。本当に本当につらくて限界に達しているとき、人は、つらさを表出できなくなるのかも知れません。

 

そしてもしも、あなたの大切な人がつらそうにしているのが伝わったら。 

ただ、そっとそばにいること。

結局はこれが、最適解なのかな?と思います。

 

仕事辞めたって死ぬわけじゃない。そこが大きなポイントではあるんですが。

 

ああ、つらい就活地獄から抜け出したいな。でも、つらいと言えてるだけまだ元気かな。明日も頑張ります。

 

それでは、またお会いしましょう🌸

 

インフルエンザと診断されたら、何日休むのか?!?!医療グラレコの意図

こんにちは、はなです。(@hanalife2

私は現在、クリニックで働く看護師です。

クリニックは、病院と比べて、患者さんが抱えている健康問題がすごく自分の生活に近くなります。(風邪だったり、胃腸炎だったり、、、)

特に私が働いている所は、患者さんがサラリーマンメインなので、『忙しい日本人が何を求めているのか』がくっきりはっきりわかる所です。社会の流行を肌で感じる感じです。

そんな中、時は平成最後の冬。病院にたくさん押し寄せる患者さん。その中で私は思うことがあり、このイラストを作る経緯まで至りました。

 

 

流行性の病気といえば、インフルエンザ

会社に勤めている社会人が、一番なりたくない病気.........それはインフルエンザ。

お子さんがいらっしゃる方なら、子供がかかってしまった!ということもままあるはず。保育園や学校を休ませなければならない!!なんてこともありますね.......😢

とはいっても、かかってしまったならば、もはや致し方ありません。

インフルエンザになったら何日休む?!

...で、結局何日休まなければならないのか?!?!あるいは、お子さんは何日保育園に登園できないのか、、、?!

 

👇そんな時に役立つのが、こちらのイラストです👇

f:id:hanalife2:20190226162559j:image

これは学校保健法での出席停止期間に基づいて記載しております。

学校保健法による出席停止期間の基準:「発症した後5日を経過し、かつ、解熱した後2日を経過するまで(幼児においては3日)」となります。

どうして、そんなに長い期間休む必要があるのか?その理由も合わせて添付しておきます。 

昨今、抗インフルエンザ薬の発症後早い段階での投与によって、インフルエンザは、感染力の強いウイルスを体外へ排出しているにもかかわらず解熱してしまう状況がしばしばみられるようになりました。しかし、いくら体調がよくなったからといってその状態で外出したり、従来の出席停止期間が「解熱した後二日を経過するまで」だからといって学校へ登校してしまうと、ほかの人たちに病気をうつしてしまって、流行をさらに広げてしまう可能性があります。

臨床研究の結果で、抗インフルエンザ薬を投与された場合と投与されなかった場合のウイルス残存率は、薬剤の種類やウイルスの型、患者の年齢等の諸条件によって違いはあるものの、発症(発熱)した後五日を経過するとウイルスの排出はある程度治まるといったものがあります。

引用元:公益財団法人学校保健会の学校保健ポータルサイトより

インフルエンザの治療薬の進歩により、従来よりも早い段階での治療が行えるようになったため、熱が下がるのが少し早くなったそうです。そのために、発症した後5日経過という期間が設けられるようになりました。これより前に外出してしまうと、うつしてしまう可能性があるのでお気をつけくださいね……!!

このイラストを作った理由

2018年12月某日。時はインフルエンザ大流行。クリニックにも患者さんが押し寄せておりました。私は毎日毎日数十人の患者さんにインフルエンザの検査をしていました(あれ痛いですよね痛いですよね😂)

インフルエンザの検査は簡易検査キットを使用し、大体5分程度かかります。私の職場では待ち時間短縮のため、症状が疑わしい人や希望が強い方には、診察の待ち時間の間に看護師が検査するという方法を取っていました。

その後診察室で、先生から結果が伝えられる訳なのですが、インフルエンザ陽性と診断された方が揃っていう言葉が、これ。

「それで、いつまで仕事休めばいいんですか?」

その都度、医師が上記のお休み期間について説明していました。述べ1分程度ではありますが、何度も同じ会話が繰り広げられています。診察室で先生に聞きそびれて、あとで看護師や他のスタッフに聞きに来る患者さんもいました。

そこで私は、「お休みする期間がもっとわかりやすく患者さんに伝わるもので周知されていればいいのではないか?」と考え、それがこのイラストを作った経緯になります。

会社に提出する『インフルエンザ罹患証明書』の意味

保育園や学校などは、法律で定められていますので、休まなければいけないのは、当たり前。ですが会社に至っては、社内規定に定められています。(保育園や学校によっては、インフルエンザその他感染症にかかった場合には、治癒証明書の提出が必要になることが多いです。)

その中で患者さんの声で多いのが、『今忙しい時期だから会社休めないんで、休まなきゃいけないっていう証明書ください』というもの。

...悲しい事実ですね。会社はインフルエンザだったということを疑うのでしょうか?😢本人の健康より大事なものはないはずですが...。でも致し方なく、私の職場では有料でインフルエンザの罹患証明書を発行しております。そのようなことも、少し減らすことができたらいいな、なんて思いながら、このイラストを作らせていただきました。 

 

看護師として仕事をしていると、医療職にとっては当たり前のことでも、一般の人にはなかなかうまく伝わっていない正しい情報がたくさんあると感じます。「知らなかった!」「言ってくれよ!」なんていうことを、少しでもわかりやすく伝えるお手伝いができたらいいな、なんて思っています。

 

Twitterでこれに関するツイートをしたところ、ものすごく反響があり、瞬く間に拡散されて、4万インプレッションになりました。👏👏👏

 

さらに、ナース専科さんにも記事にしていただきました。

square.nurse-senka.jp

もう、嬉しみしかございません……しがない1看護師のイラストがここまで取り上げてもらえるとは、ありがたいです。少しでも、健康に役立つ情報を、わかりやすくお送りできればいいなと思います。

Twitterの方では、わかりやすく#はなレコというハッシュタグをつけて適宜描いています。どんどんクオリティを上げていきたいところです!

※複数の医療関係資料を確認して作らせていただいていますが、もし異なる点や疑問点があったらそっと知らせてください。 

それでは、またお会いしましょう〜(・◇・)/~~~

 

👇ツイッターはこちら👇

twitter.com

👇インスタはこちら👇

www.instagram.com

 

原点回帰🏥縁がある人にはまた会える。

こんにちは、はなです。

先日、前に勤めていた病院の人と沢山会う機会がありました。私が1年目〜3年目までお世話になった外科部長が定年退職されるということで、ホテルを貸し切っての大々的なパーティーでした。

f:id:hanalife2:20190303235039j:image

2019年3月、現在転職活動中の私、今後の方向性が決まっていない。なんとなく、昔の仲間たちに会うのが怖かったのです。

 

なぜなら、自分だけが、医療の最先端から抜けた気がしてしまっていたから。

 

新人時代を過ごさせてもらった外科病棟。仕事がつらくて、『辞めたい』と思っては常に言っていたけど、あまり本気では思っていなかったあの頃。目の前の患者さんに一生懸命だったあの頃。がむしゃらに、走り回っていたあの頃。怒られたりぶつかったりしたけど、喉元過ぎれば熱さ忘れるとはこのことで、今は結構いい思い出しか残っていません。

特に飲み会が激しい部署だったのですが、私は幸いにもお酒が飲める方だったので、楽しく過ごさせて頂きました。

 

部長を20年勤めあげるとは、どんな偉業なのでしょう。まだまだ若手医療職の私には想像が付きません。

部長に向けて、某番組をもじったお祝い動画が作られてましたが、手術件数は5000件以上にものぼるとのこと。『これだけ人を救ったら絶対に天国行けるよね...』なんて先輩と話していたりしました。

 

そのパーティーでは、私がまだひよっこだった時からお世話になった先生たちや、今も医療の最前線で頑張っているナースの先輩、後輩たちにたくさんお会いしました。結婚したり子供がいたり、ライフステージが変わっている方もちらほら。でも何よりも驚きなのは、多くのみなさんが病院を辞めずに続けていることでした。

 

すごいなぁ...

 

私はナイーブすぎて1年でドロップダウンしてしまったチームリーダー職を何年もされている方もいれば、さらにその上の役職についている方も。異動して別の部署で頑張っている方もいらっしゃいました。

 

すごいなぁ...🥺(2回目)

 

病棟での仕事はハードだったけど、間違いなくやりがいはあったし、医師看護師コメディカル全ての周りのレベルも高い環境でした。切磋琢磨しながら培った戦友?のような関係は本物で、今でも気軽に話せる同期の先生もいるのは誇りです。

 

昔の仲間に会うのが怖かった、大きな理由はひとつ。私自身がまだ自分の選択に自身がなく、周りと比べてしまうからです。私は自分自身が『病棟から脱落した人』という想いが拭えない部分がありました。

そんな私を少し救ってくれたのが、一緒に働いていた研修医や先輩たちからの『また戻って来ておいでよ』という言葉です。自分のことを認めてもらえるということは、何よりも変え難い喜びだったりするものですね...。

 

時は流れは早く、どんどん、当時働いていた頃の自分を知っている人は減ってしまうのでしょう。それでも、縁がある人にはきっとまたこうやって会える、と分かった出来事でもありました。

 

辞めたからって世界が終わるわけないし、続いていく。私は私の道を愛せるように、自分の選択が正解だったと思えるように、今日も前に向かってもがきます。

 

 

それでは、また。

前向きな転職活動は、人生最大の内省である。病院からクリニックへ転職して考えたこと

 

こんにちは、はなです。

最近紹介記事ばかりだったので、久しぶりに真面目な話を書いてみます。

 

私は次もうすぐ7年目。病院丸5年、クリニック約1年。これからは、『看護師保健師の新しい働き方』を模索し実現すべく、保健師を目指して絶賛転職活動中です。そこで様々な壁にぶつかったり、内省してみたりしているので、そのあたりの備忘録として書いてみます。

 

きっと今の自分にしか書けないであろう文章を、備忘録として書いてみます。どうぞお付き合いください。

 

f:id:hanalife2:20190223003115j:image

人生見つめ直し期間に行ったマルタ。綺麗だったなあまた行きたい🇲🇹

 

 

現在のわたしになった経緯

今私はクリニックで働いています。今の職場で働きはじめたきっかけは、昨年まで勤めていた大きい病院からの人間的な繋がりでした。

f:id:hanalife2:20190223081223p:image

わたしは恵まれていたことに、病院で仕事をしていたときに関わった先生たちが、本当に素晴らしい人ばかりだったのです。

『あの病院出身の先生ならきっと真摯に医療に取り組んでくださるはず』と思って入職しましたし、それは今でももちろん覆っていません。すごく恵まれた環境で働かせて頂いていると思っております。

ちょうど昨年の2月ころ、病院を辞めることが決まり、転職活動をしていましたが、その時の精神はかなりギリギリの状態でした。

 

『とりあえず早くここから抜け出したい』

『絶対夜勤がないところがいい』

『もう急変や看取りやリーダー業務は疲れてしまった』

『でも今後の選択肢を狭めないようにしたい』

 

今となっては、よくこのような思考回路で就職できたなと思うくらい、ネガティブな感情から始まってます😂(笑)

 

『選ばなければ、どんな形態でも仕事がある』ということは、看護師という仕事のある意味素晴らしいことかもしれません。

でも看護師には、こういうネガティブな状態で転職活動に進む人が本当に多い。一回ゆっくり休んでもいいように、体制を整えておくことなどは重要なことだなあと、ひしひしと感じています。(この辺については今度また記事を書こう)

 

そんな状態の私を雇ってくれた今のクリニックには本当に感謝しかありません。急性期病院で疲れ果てた私の心と身体を癒してくれ、物事を冷静に考える時間をくれた場所でした。

f:id:hanalife2:20190223081304j:image

(世界半周ぐらいしてた時に行ったオランダのチューリップ公園🌷めちゃくちゃ綺麗でした。もっといい時期に是非また行きたい)

 

クリニックで働き始めて思ったこと

クリニックで働きはじめてまず思ったことは、『人は風邪でこんなに病院に来るのか』という衝撃でした。それまでの私が思っていた『病院』は、『病状または社会的事情により、どうやっても家で生活することが困難な人』というイメージだったからです。

 

世の中にはこんなにも、手軽に簡単に医療を受けたいと思っている人がいること。それを初めて知った時は本当に衝撃でした。そのニーズはなかなか病棟で働いている看護師には届きません。医療と『普通の人』が繋がった瞬間でした。

 

朝起きて夜寝ると人間は心身ともに健康になる

f:id:hanalife2:20190223081444j:image

(ウユニの朝日🌞幻想的)

 

当たり前すぎる事実かもしれませんが、私にとっては大きな変化でした。5年間ずっと3交替(一日を3分割して、日勤、準夜勤、深夜勤)で勤務していた私にとっては、それが何よりも喜びでした。(しかもシフト自体は3種類ではなくて、7種類くらいありましたし……)

 

同じ時間に起きて寝るって、人間にとって超大事。そりゃあ月8回も夜勤があれば、精神衛生も崩れるよなって思わざるを得ないです。(ちなみに私は当時睡眠障害を抱えていて、睡眠薬常用者でした。処方してくれた同期の医者に「死ぬなよ?」って言われていたっけ…)

夜勤をやめた当初は、カラダが本当に細胞から元気になっていくことを感じました😂(これマジ)

 

クリニックの経営的視点、保険診療と自費診療のちがい

これまで医療に携わっていた中で、利益ということは全く考えたことがありませんでした。病院が用意してくれた、高額な大量の輸血、血液製剤抗がん剤、、、惜しみなく使ってきました。たまに病棟でも『この薬は高いから破損に気をつけてね』なんて話は聞いたことがありましたが、基本的にお金のことについては全く考えたことがありませんでした。

 

(今となっては病院がどう利益を上げていたのかと考えると、差額ベッド代を徴収したり、入院期間を徹底的に短くして入院基本料を取ったり、救急車や緊急入院を積極的に受け入れて、回転をあげたりしなくてはいけないのが、なんとなくわかります)

 

しかし、クリニックは母体の大きさが違います。生き残っていくためには、経営という視点がとても大事になってくるということです。そしてそのトップは経営ではなく医療のトップである医師の方が多いから、これがまた大変。少なくとも利益を出すためには、自費診療を行うということが避けられないのではないかと思います。

 

これは採用など人事についても大きく関わってくること思います。少数精鋭でなければいけないがゆえに、基礎技術を教えられる時間などはどうしても少なくなってしまう。(なので、新卒から間もなくクリニックへの就職は個人的にはあまり勧めたくないと思います...。圧倒的に学べることが少ない...😔) 

 

大きい病院への紹介の難しさ!!!

働いている中で1日に1人くらいの確率で「大きな病院への紹介」があります。これがほんと………とっても難しい。紹介となると気合いを入れなければならないくらい。

クリニックは医療資源も限られており、採血は基本的に即日では結果が出ないものがほとんど、抗生剤などの薬剤も限定されています。さらにCTやMRIなど詳細な画像検査は行えないことが多いです。

そのため、例えば急性虫垂炎(いわゆる『盲腸』)が疑われる場合は、確定診断のために採血・造影CTなどの検査が必要になり、最悪の場合は緊急手術が必要になるため、いち早く大きい病院に紹介しなければなりません。

 

これがね、とっても大変なんですよ。。。😱

 

まず最初に電話をかけた病院に断られることはザラ。むしろかける側としても、少し諦めていたり(^ω^)笑

これがまだ平日の午前中であったら儲けものです。なぜなら大きい病院の初診受付は長くて15時までのところがほとんどなのです(;_;)ああ大変

いや大きい病院で働いていた側としてはわかるんだけどね…確かに午前中にドクターに指示確認の電話したら「外来中です」って切られること多かったし……(外科の場合は手術中なのがほとんどなので手術前後か、手術の合間に捕まえて聞くしかなかった笑)

兎にも角にも、『紹介』がこんなに大変なことだとは、働いてみないと本気でわからないことだったと思うので、いい経験だったな、、、と思っています、、、😭もし今後自分が紹介されることになったら、奥の苦労を知ってめちゃくちゃ感謝しそう。笑

『紹介状』にはそれだけの重みがあるってことですね😂そりゃ3000円の価値あるわ。笑

 

私自身の人生キャリアを考えてくれた上司

私はこの一年間ほぼずっとモラトリアムだった訳で(笑)直属の師長に当たる上司がそれを見抜いた上で、何回も面談がありました。その時その時でやりたいことは結構ブレていたものの、いつも明確な助言をしてくださいました。

 

「人間は生まれた瞬間から死に向かっているんだから、やりたいことやりなさい」

「あなたはまだ若い。自分の人生を自分で選んでいける。これから結婚妊娠出産だってあるんだったらそれにはリミットがあるんだから、きちんと逆算して考えるべき」

「あなたには未来がある。5年後10年後に、ここにいた期間を後悔して欲しくないから、きちんと向き合って欲しい。」

 

.....控えめに言って素晴らしくないですか?笑

 

これまで私が病棟で出会ってきた上司から言われてきたのは、

『あなた辞めて何するの?』

『異動すればいいじゃん、ICUに』

『今辞められたら困る。残って欲しい』

のような、短絡的な言葉ばかりでした。未来なんて見えなかったのです。

人は見たいものしか見えないから、視界から排除しようと思えばいくらでも排除できるし、見たくないものに対しては冷たくなれる。きっと病院の師長たちにとって私は、見たくない、聞きたくないものだったんだなぁと思います。そりゃあ前向きなアドバイスなんてできないですよね……😂

クリニックの上司は社会人経験を経て看護師になった方だったので、私が「企業で働いてみたい」と言ったのにも賛同してくれました。「看護の世界は狭いから、また戻りたくなったらあなたはいつでも戻れるから、外の世界を体験しておいで」と。感謝しかないですね、、、

 

まとめ

f:id:hanalife2:20190225231129j:image

長くなってしまいましたが、まとめです。

・病棟が辛いからクリニック!っていう考えは甘い(笑)。ので、、、

『自分が本当はどうしたいのか』をしっかり考えるべきで、そのためにはしっかり休む時間はあった方がいいと思います。私みたいに休憩しつつ、吸収しつつ、やりながら考えることも大事です。(こころが元気じゃないとなかなか正常な判断は下せない)

・5年後10年後、自分がどうなっていたいかをしっかりイメージする。看護師でない自分を大切にしてあげること。あなたはあなたであって、あなたの人生はあなたが生きるものです。それは上司も親も、誰も代わってはくれない。

私みたいに休息期間を挟んでもいいけど、大きな病院をやめる看護師が、前向きな転職活動をもっとしっかりできる環境になったらいいな……看護師専門のキャリアコンサルタントとかもっと増えるといいな、なんて思っています。

 

そんな訳で私は今保健師を目指して転職活動中。パソコンに向かう時間も増えたし、めちゃめちゃ内省せざるを得ないので、隙あればこの記事を綴っていました。ああなんか真面目になりすぎてしまった。

ここまで読んでくださって、本当にありがとうございました。 

普段はこちらでよく呟いていますので、良ければフォローしてください😊

twitter.com

それでは、またお会いしましょう〜🌸

 

🌸制作実績はこちら🌸似顔絵イラスト、アイコン、医療関連イラスト、グラレコ

こんにちは、はなです🌸(@hanalife2

そうです、こちらはポートフォリオです。散々周りに作れ作れと言われて、やっと作りました!!!笑

 

私は看護師でありながら、イラストレーターであり、デザイナーであり、グラレコ屋です。(もはや何屋)

f:id:hanalife2:20190214020327j:image

こちらは2019年の目標として作っていただいたTwitterヘッダーです。

製作者は敏腕デザイナーDスケさん(@Dsuke503)。

デザインの中に私の手書きイラスト(自画像ほか、心電図のイラストなど)を盛り込んで可愛くしていただきました😊とてもかわいく仕上がって大満足です!!

Dスケさんのブログ

 

 

①似顔絵イラスト、アイコン

文字入れ、キャラデザインなど含めた場合は応相談でお願いします。

f:id:hanalife2:20190214020036j:image

【看護師ダンサーユナちゃん(@YoonA-partydoll)】

ダンサーと看護師の2面性をイラスト化してほしいとの依頼でした。イメージは映画バーレスク!魅力あふれる彼女のこれからを本当に応援したい…!

ユナちゃんのブログ 

 

f:id:hanalife2:20190214020107j:image

パーソナルトレーナーよこさん(@yokoi3710)】

Twitterを介して知り合ったパーソナルトレーナーの彼。2019年春から理学療法士の資格を取りながら、フリーでパーソナルトレーナーとして活動する予定だそうです。

よこさんのトレーニング詳細

 

f:id:hanalife2:20190214151503j:image

【2019年自分のバレンタイン企画(一応自分の似顔絵です)】

・作品アップInstagramはこちら

 

www.instagram.com

Twitterヘッダー

f:id:hanalife2:20190214152004j:image

【縁JOYナース部副部長アヤカのツイッターヘッダー(@yurukatsunurse)】

看護師を救うサイコーの社会貢献をしているナース!ゆる活と言いながら好きなことだけして生きたい看護師の味方です(^ω^)

ゆる活ナースayakaのブログ

 

f:id:hanalife2:20190214021620j:image

【Qちゃま@総合メディアtarm編集長(@qtarou1111blog)】

・占いYouTubeQちゃま占いチャンネル

 

③医療グラレコ

看護師の私が、知識や経験を活かしながら、『医療のここがワカラナイをわかりやすく説明する』をモットーに図解します。

グラレコとは『グラフィックレコーディング』の略で、視覚化(イラスト)を利用してわかりやすく内容を伝えるというものです。

 

f:id:hanalife2:20190214021915j:image 【健康診断についての説明】

 

f:id:hanalife2:20190214021931j:image 【インフルエンザの出席停止期間について】

 

f:id:hanalife2:20190214022001j:image【池江選手の報道を受けて、急性白血病のこと】

 

f:id:hanalife2:20190220004147j:image

ノロウイルスの片づけの仕方】

 

f:id:hanalife2:20190224140756j:image

【花粉症対策】

 

医療グラレコに関しましては、複数の資料集めの時間、出典を調べたりする時間、信憑性を調べる時間などが必要になりますので、高めに価格設定させていただいてます。

 

Twitterにシェアすると、拡散力バツグンです(^ω^)🌟最高4万インプレッション行きました(驚き)

 

こんな感じでお仕事させていただいております。

ご要望は TwitterのダイレクトメッセージInstagramのダイレクトメッセージ、またはこちらのフォームにて受け付けておりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

docs.google.com

 

お支払い方法は

・銀行振り込み

Amazonギフトカード

のどちらかでお願い致します。

 

ここまで読んでいただき、大変ありがとうございました。

ただいまご依頼待ちをいただいており、徐々に製作中ではございますが、ぜひお気軽にお問い合わせください。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

・私のTwitterはこちら

twitter.com

 

・私のInstagramはこちら 

www.instagram.com